扱っている商品名は目にしたことがあっても、商品を扱うアスクレピオスという会社に関して詳しい情報を知っているという方は少ないのではないでしょうか。

「世界を健康に」を企業理念とするアスクレピオス製薬は、BBB(トリプルビー) HMBを始めとする健康関連商品を扱う製薬会社です。

アスクレピオス製薬株式会社のという社名とは、ギリシャ神話に出てくる医術の神、「アスクレーピオス」から付けられました。

病気では無いことだけが健康なのではなく、心も体も元気な状態で過ごすことが出来る状態を目指しています。

そんなアスクレピオス製薬株式会社の事業内容や、社長の思い、会社設立に至る経緯なども見てみましょう。

商品だけではなく、アスクレピオス製薬株式会社の魅力も感じることが出来るはずです。

アスクレピオス製薬株式会社の事業内容

アスクレピオス製薬株式会社の事業内容

アスクレピオス製薬株式会社は、どの様な製品やサービスを提供している会社なのでしょうか。

まずはダイエットサプリメントを含む医薬品、医薬部外品、化粧品の製造販売、健康食品などの通信販売業を行っています。

これらの販売が有名ですね。

他にも業務パッケージの作成と販売、ウェブサイトの企画、作成から運営、請負業務を行っています。

3つのステップで健康を目指す

3つのステップで健康を目指す
アスクレピオス製薬株式会社では、3つのステップで企業理念を達成しています。

ステップその1は、会社を根本から支えている世界の健康を目指すというもの。

それはアスクレピオス製薬株式会社の社員と、社員の家族ですね。

社員と家族が健康でなければ、企業理念の達成には至りません。

ステップその2は、アスクレピオス製薬株式会社が関わる全て世界の健康を目指しています。

社員は勿論ですが、商品を購入するお客さんです。

ステップその3は、アスクレピオス製薬の有る社会全体の健康。

企業活動を通して、社会全体を健康にして行くという考えのものとで運営されています。

アスクレピオス製薬株式会社立ち上げのきっかけ

アスクレピオス製薬株式会社立ち上げのきっかけ

アスクレピオス製薬株式会社の成り立ちには、越山社長の子供の頃の経験が重要なポイントとなります。

15歳の時、看護師さんに恋心を抱いたことがきっかけです。

肝臓の病気になり、長期間の入院を経て、退院してからも看護師さんとは親しくしていたそう。

そこで、病院の経営に関する問題を感じたという越山社長。

看護師さんの仕事内容や、病院に通う人達の時間を効率化出来るのではないかと感じたのです。

学生時代には、会計予備校と大学を平行して通い、学業以外の時間は働いていました。

学生時代から独立を目指していたのです。

その後、コンサルティング会社に入社し事業を任された際に、「やはり自分で事業を起こしたい」と考えて独立に至りました。

医薬品を扱うことになったきっかけ

医薬品を扱うことになったきっかけ

現在はサプリメントや美容関連商品のイメージが強いアスクレピオス製薬株式会社ですが、当初は漢方薬の販売を目指していました。

しかし、漢方薬を扱う事は非常に難しく、仕入れを行うことが出来なかったのです。

営業を行う中、一社だけ「法人化して医薬品販売の許可を取ったら話ぐらいは聞く」といった返事を貰う事が出来たそう。

そこで「アスクレピオス製薬株式会社」を立ちあげたのです。

資金面の兼ね合いもあり、医薬部外品の化粧品を扱うことになりました。

アスクレピオス製薬株式会社で良い商品を販売し、お客さんが喜んで利用してくれる、そこで利益が生まれます。

その利益によって、社員と社員の家族が幸せになるのです。

利益の中から、健康に関連する事業を行うことで医学界に恩返しをしているという越山社長。

今後は病院経営を目指すほど、健康に関わる仕事への情熱がある会社です。

その様なアスクレピオス製薬株式会社で扱う商品であれば、安全性や効果の高さも納得が出来ますね。

トリプルビーのトップへ