BBB(トリプルビー) HMBとクイーンズスリムはどちらがいいのでしょうか?

ダイエットや筋肉量アップを謳うサプリメントはいくつか販売されているため、HMBサプリメントを選ぶ際に比較をして迷ってしまうというケースも多いのではないでしょうか。

中でも注目を集めている「クイーンズスリム」との違いについて紹介します。

クイーンズスリムとの成分量比較

クイーンズスリムとの成分量比較

当商品とクイーンズスリムには、共に筋肉量アップに役立つHMBと呼ばれる成分が含まれています。

体内に摂取したタンパク質を筋肉へと促したり、筋肉の疲労回復を促進した上で、疲労を予防するのが期待できます。

さらに、脂肪を燃焼しやすくするなど、筋肉量アップだけではなくダイエットにも取り入れたい成分ですね。

つまり、運動をしても筋肉痛になりにくく、体脂肪も減らすことが期待できます。

日頃、運動をしない方でも安心して運動や軽めのエクササイズにも取り組むことが出来るでしょう。

クイーンズスリムは、1日の摂取目安である6粒あたり1,000mgのHMBを配合。

当サプリには、HMBとクレアチンの合計1,600mgを配合しています。

HMBとクレアチンの配合については、比率を公表していません。

この点でこだわりを感じますが、クイーンズスリムと比較をしてもHMBの含有量に差は無いように感じられますね。

クイーンズスリムはダイエットに良いの?痩せる成分とは

クイーンズスリムはダイエットに良いの?痩せる成分とは

クイーンズスリムには、ダイエットに良い栄養素や、近年話題のスーパーフードが含まれています。

その一部を見てみましょう。

クイーンズスリムは脂肪燃焼に役立つ「黒生姜エキス末」、血行促進が期待できる「ビタミンE」と「レッドジンジャー」や「黒胡椒エキス」を配合。

当サプリには疲労回復に良いクレアチンが含まれていますが、クイーンズスリムには「発酵紅参」が配合されています。

無理なく運動を続けることができそうですよね。

クイーンズスリムには無いダイエット成分とは?クレアチンが決め手?

クイーンズスリムには無いダイエット成分とは?クレアチンが決め手?

クイーンズスリムには、血行促進が期待できる栄養素が多数配合されていることが分かります。

しかし、この商品には「クレアチン」呼ばれる栄養素が含まれている事が特徴。

クイーンズスリムには配合されていません。

クレアチンは、筋肉量の維持や持久力を高めるのに役立ちます。

ダイエットに効くような、質の良い運動を持続するために必要であるといえますね。

クレアチンは、HMBと同時に摂取をすることによって2.5倍以上もの相乗効果が期待できるとして注目を集めています。

クイーンズスリムも美容成分を配合している

クイーンズスリムも美容成分を配合している

クイーンズスリムも、美容にいい成分を配合しています。

共通して配合している成分は、美容では有名なコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10は、細胞に働きかけるため美容だけではなく筋肉や代謝を良くすることができます。

クイーンズスリムにはビタミン類も豊富に含んでいるため、体の内側からエイジングケアも同時に行えます。

美容にいい栄養素を配合している点は、女性向けのサプリメントの特徴であり、魅力でもありますね。

運動によりダメージを受けた筋肉にも、ビタミンや美容成分の補修効果が最適。

さらに、クレアチンを含んでいる点から、美しい筋肉を作り上げるサポートを行ってくれるという部分ではクイーンズスリムよりも 当商品がおすすめです。

どちらも運動は必須

どちらも運動は必須

どのダイエットサプリメントにもいえることですが、運動をせずに飲むだけで痩せるということはありません。

クイーンズスリムなども同様であり、血行促進が期待出来る、筋肉量アップが期待出来るからといって運動を怠ってしまえば、痩せることはできないでしょう。

トレーニングといった激しい運動を行う必要はありません。

クイーンズスリムを使う場合でも、適度な運動やストレッチなどはできるだけ行いましょう。

血行を促進する栄養素が多く配合されているクイーンズスリムは魅力的ですが、より質の良い運動を行い、運動による効率的な脂肪燃焼を狙うのであれば 当商品がおすすめであるといえます。

トリプルビー(BBB)のトップへ